ボスゴドラ 育成論【ポケモンORAS】と構築。ポケモン1匹を確実に排除できる!?

どうも、にわかトレーナーのイバンです!
ついにポケモンORASのレートが11月1日に終了してしまいましたね…

私はポケモンORASを満足にプレイすることができず、レートもそこまでプレイできなかったのですが、
10月31日にレートが最後ということでこの前育てたボスゴドラがどれくらい通用するのかを確認したくて、
最後のレートに潜りました。

レートは1500前後で4戦ほどしか行えなかったのですが、予想外にボスゴドラが活躍してくれたので、
今回はボスゴドラの育成論と構築についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク





【ボスゴドラ育成論】性格、特性、技構築、持ち物、努力値振り

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-15-01-47

性格:ゆうかん
特性:がんじょう
技構築:メタルバースト、がむしゃら、もろはのずつき、ばかぢから
持ち物:イバンのみ
努力値:H252、A252、D4
以上が私が使用しているボスゴドラの構築になります。
この構築と似たような構築がすでに別のサイトでも紹介されていますが、
そのようなサイトを一切見ずに、自分で考えて思いついたものです。

性格が『ゆうかん』なのは、すばやさを下げて『メタルバースト』を成功させるためです。

技に関しては『ばかぢから』ではなく、『じしん』でも有りかと思いますが、
私は『ばかぢから』の方が多くのポケモンに有効だと感じたため、採用しています。

しかし、『がむしゃら』『もろはのずつき』『ばかぢから』は遺伝が必要になるので、
厳選する際に親を用意するのが大変な点が厄介なところでしょうか…
(ちなみに私はたまたま上記3つの技を遺伝した『ココドラ』を
ミラクル交換で運良く入手しました!)

持ち物は私が大好きな『イバンのみ』です!
攻撃される→がんじょう発動で耐える
→『メタルバースト』で撃破→相手の2匹目のポケモンが出てくる
→『イバンのみ』発動→相手のポケモンによって技を選択
運が良ければ、2匹目のポケモンも倒すことができます。

【ボスゴドラ育成論】ポケモンORASでどのように使用したか

私はポケモンORASのレートにこのボスゴドラを連れていき、
初手に出して使用してみました。

すると、ほとんどのポケモンが攻撃してきたので、
あまり『メタルバースト』は警戒されていなかったのかなと思います。
(相手のレートが1500前後ということもあったのかもしれませんが…)

また、初手以外で使用するとなると、
例えば初手のポケモンと交代で後出しをしてしまうと、
『がんじょう』の効果が無くなってしまいますし、
『ステルスロック』を撒かれた場合も『がんじょう』を使用できない分、
厳しいことが予想されるので、初手で出すのが一番かなと思います。

【ボスゴドラ育成論】パーティの構築はどうする?

特にどういう構築のパーティに入れれば良いかというのはないと思います。

しかし、『イバンのみ』を発動させて『がむしゃら』を使用した場合は
相手のHPが残りわずかなので、その相手を確実に仕留めるために
先制技を持つポケモンを入れておくと、より効果的なのかなと思いました。

スポンサードリンク





【ボスゴドラ育成論】一番のポイントは爽快感!

このボスゴドラをポケモンORASで使用してみて思ったのは、
『メタルバースト』が決まった時と『イバンのみ』でカウンターが成功した時の
2つの爽快感が味わえることです!

もちろん、『メタルバースト』が決まらない時もありますが、
相手が警戒して攻撃をしてこなかった場合でも『もろはのずつき』なんかは威力の高い技ですし、
『ボスゴドラ』自体も攻撃力が低い方ではないため、十分役割を果たしてくれるポケモンだと思っています。

この『ボスゴドラ』はサンムーンでも使用していきたいポケモンですし、
さらにこの『ボスゴドラ』に合う構築なんかも調べていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)