サンムーン 変更点(種族値・特性・技など)のまとめ。XY・ORASからの違い

ポケモンサンムーンの発売日が着々と近づいていますが、
すでにXY・ ORASからの変更点がいくつか明らかとなっています。

それらの情報を見ていると、
種族値や特性、技の効果などが大きく変更しているものもあり、
XY・ORASで活躍したポケモンがサンムーンではあまり見られなくなる可能性や
今まで影に隠れていたポケモンが脚光を浴びて使用率が高まる可能性がうかがえます。

そこで、サンムーンではどのような変更点があるのか、
現在までに明らかとなっているものを随時以下にまとめていきたいと思います。
【11月12日更新】

スポンサードリンク





サンムーンからの変更点(種族値)

サンムーンでは特定のポケモンの種族値が変更されていて、
現在までに明らかとなっている変更点は以下の通りです。

ポケモン HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 備考
アーボック 60 95 69 65 79 80 攻撃+10
ダグトリオ 35 100 50 50 70 120 攻撃+20
カモネギ 52 90 55 58 62 60 攻撃+25
ドードリオ 60 110 70 60 60 110 素早さ+10
マルマイン 60 50 70 80 80 150 素早さ+10
ナッシー 95 95 85 125 75 55 特防+10
ヨルノズク 100 50 50 86 96 70 特攻+10
アリアドス 70 90 70 60 70 40 特防+10
ハリーセン 65 95 85 55 55 85 防御+10
マグカルゴ 60 50 120 90 80 30 HP+10、
特攻+10
サニーゴ 65 55 95 65 95 35 HP+10
防御+10
特防+10
マンタイン 85 40 70 80 140 70 HP+20
オオスバメ 60 85 60 75 50 125 特攻+25
ペリッパー 60 50 100 95 70 65 特攻+10
アメモース 70 60 62 100 82 80 特攻+20
素早さ+20
エネコロロ 70 65 65 55 55 90 素早さ+20
バルビート 65 73 75 47 85 85 防御+20
特防+10
イルミーゼ 65 47 75 73 85 85 防御+20
特防+10
ルナトーン 90 55 65 95 85 70 HP+20
ソルロック 90 95 85 55 65 70 HP+20
チリーン 75 50 80 95 90 65 HP+10
防御+10
特防+10
コロモリ 65 45 43 55 43 72 HP+10
イワパレス 70 105 125 65 75 45 攻撃+10
ツンベアー 95 130 80 70 80 50 攻撃+20
フリージオ 80 50 50 95 135 105 HP+10
防御+20

以上が11月12日時点で種族値の変更が判明しているポケモン一覧です。
サンムーンではこれらのポケモンが対戦で見られる機会が増えるかもしれないですね!

サンムーンからの変更点(特性)

続いては特性が変更されたポケモンをご紹介したいと思います。
(カッコ内は夢特性)

ポケモン 旧特性 新特性
ゲンガー ふゆう のろわれボディ
ライコウ プレッシャー
(ちくでん)
プレッシャー
(せいしんりょく)
エンテイ プレッシャー
(もらいび)
プレッシャー
(せいしんりょく)
スイクン プレッシャー
(ちょすい)
プレッシャー
(せいしんりょく)
キャモメ するどいめ
(あめうけざら)
するどいめ
うるおいボディ
(あめうけざら)
ペリッパー するどいめ
(あめうけざら)
するどいめ
あめふらし
(あめうけざら)
コータス しろいけむり
(シェルアーマー)
しろいけむり
ひでり
(シェルアーマー)
ダンゴロ がんじょう
(すなのちから)
がんじょう
くだけるよろい
(すなのちから)
ガントル がんじょう
(すなのちから)
がんじょう
くだけるよろい
(すなのちから)
ギガイアス がんじょう
(すなのちから)
がんじょう
すなおこし
(すなのちから)
バニブッチ アイスボディ
(くだけるよろい)
アイスボディ
ゆきがくれ
(くだけるよろい)
バイバニラ アイスボディ
(くだけるよろい)
アイスボディ
ゆきふらし
(くだけるよろい)
クマシュン ゆきがくれ
(びびり)
ゆきがくれ
ゆきかき
(びびり)
ツンベアー ゆきがくれ
(すいすい)
ゆきがくれ
ゆきかき
(すいすい)

以上が11月12日時点で判明しているポケモンの特性の変更点一覧です。

この中で特に反響が大きかったのは『ゲンガー』の特性の変化だと思われます。
この特性の変化によって『じしん』などの地面技が当たってしまうので、
活躍の幅が前作よりも狭まってしまいます…

しかし、『ゲンガー』はもともと強いので、
これくらいの調整は当然だといった意見も多く見られました。
(私も『ゲンガー』にはかなり苦しめられました…)

それ以外は天候関係の特性が多く追加されているため、
サンムーンでは天候パが増えるかもしれないですね!

サンムーンからの変更点(技)

サンムーンでは技の効果などの一部が変更されています。
以下にまとめてみました。

技名 変更前 変更後
たいあたり 威力50 威力40
きゅうけつ 威力20
PP15
威力80
PP10
ふいうち 威力80 威力70
とどめばり 威力30 威力50
フライングプレス 威力80 威力100
パラボラチャージ 威力50 威力65
マジカルフレイム 威力65 威力75
いばる 命中率90 命中率85
でんじは 命中率100 命中率90
ダークホール 命中率80 命中率50
ダイヤストーム 防御1段階上昇 防御2段階上昇
サイドチェンジ 優先度1 優先度2
みちづれ 連続で使用できる 連続で使用すると
失敗しやすい
みずしゅりけん 物理技 特殊技

以上が11月12日時点で判明している技の効果の変更点です。

個人的には『でんじは』の命中率が下がったのはバランスが取れて良かったと思います。
あとは、『みちづれ』の変更によってさらに『ゲンガー』の強みが薄れてしまっています。

『ゲンガー』以外でも『みちづれ』を使用していたポケモンにとっては大きなダメージでしょう。
サンムーンで『みちづれ』を使用する際はいかに相手の行動を読めるのかが大事になってきます。

スポンサードリンク





サンムーンからの変更点(その他)

サンムーンでの変更点は上記の他にも数多く存在するので、
以下にまとめてみました。

名前 変更前 変更後
特性おやこあい 2回目の攻撃の威力は2分の1 2回目の攻撃の威力は4分の1
特性はやてのつばさ ひこうタイプの技を素早さに関係なく先制攻撃できる HPが満タンの時のみひこうタイプの技を素早さに関係なく先制攻撃できる
こんらん状態 自分に攻撃する確率は2分の1 自分に攻撃する確率は3分の1
まひ状態 素早さが4分の1になる 素早さが2分の1になる

今まで紹介した変更点以外にも多くの変更点や
多くの新技、新特性が追加されているとの情報もあるため、
環境がガラッと変わることは間違い無いでしょう。

発売日が待ち遠しいですが、こういった情報で予備知識をつけておくと、
よりサンムーンが楽しめるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)